ジャンパー膝は筋肉痛と関係ありますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ジャンパー膝は筋肉痛と関係ありますか?

ジャンパー膝は筋肉痛と関係ありますか?

 

ジャンパー膝の初期症状として、
筋肉痛のような痛みが出ます。

 

筋肉痛のように突っ張る感じがして、
パンパンに張って痛み出ます。

 

強い負担が太ももから膝全体に
思い切り入るようになります。

 

 

最初の頃は筋肉痛かな??
と思っていたものが、
徐々に症状を悪化させていきます。

 

ダメージが拡大していって、
膝関節だけに痛みが集まるようになり、
ジャンパー膝が発生するようなメカニズムになります。

 

 

筋肉痛の段階で、
ジャンパー膝だと気づく患者さんは、
ほぼいらっしゃいません。

 

ジャンパー膝に何度かなられている場合でも、
筋肉痛かジャンパー膝の症状なのか、
見分けることが難しいと思います。

 

 

僕たち治療家自身でも気づきにくいですし、
筋肉痛と初期のジャンパー膝は、
触ったときの区別がとても難しいです。

 

それくらい筋肉痛と症状自体を、
見分けることは難しいんです。

 

 

また、ジャンパー膝の症状が広がりすぎてしまい、
全身に筋肉痛が発生することもあります。

 

ジャンパー膝の症状だけだと思っていたら、
気づかないうちに筋肉痛が広がって、
色々な場所に筋肉痛が出てくるようになります。

 

 

歩きにくくなることもありますし、
腰痛が発生することもあります。

 

肩こりがひどくなって、
そこから頭痛に移行するなど、
様々な症状が出てくることもあります。

 

痛みが強くなりすぎると、
本当に数多くの症状が出てくるので、
気をつけていただきたいと思います。

ジャンパー膝でお困りの方へ