ジャンパー膝になりやすい人の特徴はありますか?

ジャンパー膝になりやすい人の特徴はありますか?

 

ジャンパー膝になりやすい患者さんがいます。

 

毎回のようにジャンパー膝になってしまって、
毎回来院される患者さんがいらっしゃいます。

 

統計的にデータを出してみましたが、
腰回りに負担を抱えていることが多いです。

 

腰の動きが悪化していて、
負担が入ってしまっていて、
そこからジャンパー膝が発生している事が多いです。

 

 

ジャンパー膝の基本的な原因というのは、
膝にあるのではなくて
太ももに存在しています。

 

太ももに発生した負担が、
膝に加わることで発生します。

 

この太ももに対して大きな影響を与えるのが、
腰の負担であり、腰痛になります。

 

根本的な原因が腰にあり、
そこが改善されていない事が多いです。

 

 

さらに日常生活の中に潜んでいる、
細かいライフスタイルが大きなポイントです。

 

腰の曲げ伸ばしを行う、
歩き続けるといったライフスタイルや、
座り続けることもありますよね。

 

改善されていく患者さんは、
素直に予防対策を行ってくれて、
ライフスタイルの中での予防を行ってくれます。

 

ドーナツ型のクッションを使用してください、
コルセットを着用してください、
と勧めたことを素直に行ってくれます。

 

 

ジャンパー膝になりやすい人の特徴は、
抽象的ではありますが、
本当の意味では素直ではない方が多いです。

 

情報を聞くだけ聞いておいて、
実践しないような方に多く発生します。

 

この点は自分自身も気をつけなければなりませんが、
実践しないということが特徴かと思います。

ジャンパー膝でお困りの方へ